新歓LightningTalksに発表者として参加しました

反省点5000兆個くらいある

(うそです)

いやでも反省点しかないですね…

この記事は発表中のツイートを振り返りながら反省をしていこうという記事になりました。
ほんとは「緊張した~」とか書く日記になりそうだった。

反省

発表練習を(あんまり)しなかった

一応前日の夜に1回しましたけど、当日になってスライドにいろいろ加えたし、アニメーションをつけたりしたんですが、
当日になって発表練習をすることはありませんでした。

発表の2時間前のツイートです。(は?)

発表開始直後タイマーをスタートさせるのを忘れてた

実は発表にストップウォッチ代わりにタブレットを持ち込んでいたのですが、緊張でスタートさせるの忘れてました。
何分くらいしゃべったかなってタブレットを見たら「00:00:00.00」で絶望しました。
それで時間が分からず、最後がグダグダになってしまいました。

GoogleAssistantを使ってない人が意外に多かったことを計算に入れてなかった

発表中に「使ってる人~」って手を上げさせたんですけど、たしか3人しかいなかったです。
Androidはデフォで入ってると勝手に思い込んでいたので、しゃべろうとしてたことがしゃべれなくなり、ぐだぐだになりました。
ちゃんと考えておけばよかったです。

機材トラブルにパニックになった

発表を見てくれた人は分かるんですけど、発表中に5回くらい(もっと?)HDMIの接続が不調でスクリーンがブラックアウトしました。

どうやら自分の使ってるパソコンのHDMIケーブルの接触が悪いというよりは、高負荷で映像送信が止まるといった感じのようです。(実際過去にテレビに映して消えたことがあります、その時はテレビが対応してないだけだと思ってました。)

高負荷が原因なのでもっとChromeのタブを削除するなどしてなるべく負荷をかけないようにするべきでした…

ブラックアウトの対応に追われてしまい、だいぶパニックになりました。
ブラックアウトの間、話してた内容は覚えていません。

デモンストレーションでの「TRAP」表記問題

これ、前々からこの言葉をデモンストレーションに使おうと思ってて、「TRAP」表記になるのは知ってました。

まあ音声認識だしこんなもんか~って自分はスルーしたんですけど、「TRAP」ではなく、「traP」がサークルとしての正式名称なので、もう少し気を使ってデモンストレーションをやればよかったなぁって思いました。

しかも一番大事な一発目のデモンストレーションなのに「おぉ~、あれ?」って感じで一度観客のリアクションが止まってしまいました。

(もちろん上の全員冗談で言ってると思います)
(が、反応が「あれ?」って感じで会場がざわついたのは事実)

 


 

反省点ばかり上げてると鬱になるので良かったところもあげていきましょう。

良かった点

スライドを作りこむことができた

がんばりました。
割と小ネタに気が付いてくれる人が多くてうれしかった。

普通にGoogleHomeの布教になった

自分的にはみんなGoogleAssistant入ってるやろ~くらいの気持ちで臨んだので、あんまり布教のほうに力いれないつもりでいたんですが、(直前に発表タイトルを「GoogleHomeはいいぞ」から「GoogleHomeでTwitter」に変えてしまうくらい)、思ったよりみんな使ってなくていい感じに布教になったと思います。

いい感じに軌道修正できました。

デモンストレーション失敗しなかった

ここだけめっちゃ練習してました。

誤認識したり突然動かなくなってしまうとあ~ってなってしまうのでそうはならないようにツイートする内容とか考えて練習してました。

発表の練習もしとけば文句なかったんですけどね

最後に新歓の話ができた

LTって強い人が殴り合ってるって感じがしますけど、これも一応「新歓」の一つとしてやっているので、ちゃんとtraPの宣伝になるような締めにしました。
ただの自己満足で終わるのはアレでしたしね。

ちゃんと15分で終わらせた

ストップウォッチスタートし忘れたり、機材トラブルがあったりいろいろ大変だったんですけど、ちゃんとベル1回(14分)ならして終わりになるように調整できました。

これは前日に1回だけ発表練習をやっていて、どこを削ればいいかが大体分かってたのが良かったと思います。

つまり発表練習やろう。

おしまい

なんだかんだ言って発表できてよかったです。

自分はこれくらいしかtraPの活動として参加することができないので、少しでも貢献できたなら幸いです。

発表練習はやろう。